マーティン ファロンのハードボイルド汚部屋 日記

残されていった家財・ゴミをひたすら片づけていき、終の棲家を手に入れるブログ。※2018.12でゴミ屋敷との戦いはほぼ終了。これからはスコシ片付けと節約・リタイヤに向けての準備が主戦場となる!! ※2019.07質素、貧乏、孤独、汚部屋、ブルース…そして迫りくる老後を考えてみる 50オーバーのおっさんの暮らし… お気楽シンプルライフなの…オサレ度ゼロ!

東京は城西エリアの古家(築70年)に住む中年独り者が
しがない自営業を営みつつ家族が残していった物を
ひたすら片づけ・古家ならではのエピソードを記していく。
「お金はないけど時間はたっぷりある」的なブログ。
タイトルはジャック ヒギンズの小説、
『死にゆく者への祈り』の主人公より拝借。



今朝、可燃ごみを出しに行けば…

「がはっ!!」


っとなるシーンが。



泊り込みで別棟居室部分の片付けに来てる

「”おいしい焼肉ご馳走様”か〇ちゃん」が



可燃ごみ12袋出してやがる。



「そりゃないよセニョーラ~♪」



なんて曇天の下、


陽気な南米気質で突っ込んでみるものの




これでは自分の片付けゴミ一切出せないどころか






ただでさえ定数6袋オーバー。




ならばっ分散排出って事で



6袋自宅前(自分の)


9袋汚倉庫(か〇ちゃんの)


3袋仕事場マンション収集ボックスと(か〇ちゃんの)


分散排出・待機とした。




戦いは続く…


イメージ 2
なんともカラフルなゴミの山

イメージ 1
いつもの木材ゴミに差し替え

イメージ 3
汚倉庫には待機ゴミの山が
また増えた…


汚部屋脱出に向けてテンション下がらぬよう、
出来ましたらクリックをお願いします♪