マーティン ファロンのハードボイルド汚部屋 日記

残されていった家財・ゴミをひたすら片づけていき、終の棲家を手に入れるブログ。※2018.12でゴミ屋敷との戦いはほぼ終了。これからはスコシ片付けと節約・リタイヤに向けての準備が主戦場となる!! ※2019.07質素、貧乏、孤独、汚部屋、ブルース…そして迫りくる老後を考えてみる 50オーバーのおっさんの暮らし… お気楽シンプルライフなの…オサレ度ゼロ!

東京は城西エリアの古家(築70年)に住む中年独り者が
しがない自営業を営みつつ家族が残していった物を
ひたすら片づけ・古家ならではのエピソードを記していく。
「お金はないけど時間はたっぷりある」的なブログ。
タイトルはジャック ヒギンズの小説、
『死にゆく者への祈り』の主人公より拝借。

21世紀の現代に

こんな事が…

云々…

とテレ東 豊島さんが云々…(好きな解説)

きっと19世紀も云々…

さらに22世紀も云々…

自我ある限り 云々…


積み上がった世紀の先に

平穏とは 云々…


地球ぽっきりまで

へーへーね


画像は取り敢えず

70年代後半 

ベトナム戦争後遺症を

扱った名作群

ジョー ドン ベイカー

出演


『welcome home ,solder boys」

のオープニング辺りのワンシーン

スタローンのランボー 一作目の

元ネタ…を記してみる

意味無し!

としとこうか。


な?


 











コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット